設定

Meta Window Manager

Meta Window Manager機能を有効にするにはオプションのダイアログボックスで

"Enable Meta Window Manager"

にチェックしてください。

相手先サーバがWindowsであれば、サーバ側もMeta Window Manager機能を有効にする必要があります。 相手先サーバがLinuxであれば、windowmonitorが実行中である必要があります。(メニューは未対応)

リモートコンピュータのスタートメニューをどこへ配置するかは

"Remote Menu Location"

で選んでください。

ViewerOptions.jpg

管理

リモートメニューの残骸の掃除

Meta Window Manager機能を有効にしていて、何らかの理由でViewerが強制終了した場合、リモートメニューの残骸が残ってしまうことがあります。 その場合、MetaVNCのプログラムメニューから

Administration - Clean up remote menus of unterminated sessions

を選んでください。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-02-06 (火) 00:17:04 (3734d)