各ファイルの説明

  1. バイナリファイル
    Linux version servermetavnc-server-0.6.6-1.i386.rpm
    Linux version window monitor (for Fedora 8, 9, and 10)metavnc-wmon-0.6.6-1.fc8.i386.rpm
    Linux version window monitor (for Fedora Core 5, 6, and 7)metavnc-wmon-0.6.6-1.i386.rpm
    Linux version window monitor (for Fedora Core 4)metavnc-wmon-0.6.6-1.fc4.i386.rpm
    Linux version window monitor (for Fedora Core 3 and below)metavnc-wmon-0.6.6-1.fc3.i386.rpm
    Linux version viewermetavnc-0.6.6-1.i386.rpm
    Win32 version server and viewermetavnc-win32-0.6.6.exe
    Java version viewer(Linux RPM)metavnc-java-0.6.5-1.i386.rpm
    Java version viewer(JAR)metavnc-java-0.6.5.jar
  2. ソースファイル
    Linux version (SRPM)metavnc-0.6.6-1.nosrc.rpm
    Linux version (tar.bz2)metavnc-unix-0.6.6.tar.bz2
    Win32 version (zip)metavnc-win32-0.6.6.zip
    Java version (SRPM)metavnc-java-0.6.5-1.src.rpm
    Java version (tar.bz2)metavnc-java-0.6.5.tar.bz2
  3. データ

バイナリからのインストール

Linux Server (RPM)

metavnc-server-<version>.i386.rpmとmetavnc-wmon-<version>.i386.rpmをインストールしてください。

  • compat-libwnckはversion 0.6.6以降では不要です。
  • Fedora Core 2では、libstdc++34(Fedora Legacyから入手可)も必要です。
  • Fedora 9, 10では、vnc.so版が動作しません。Xvnc版を使ってください。

Linux Viewer (RPM)

metavnc-<version>.i386.rpmをインストールしてください。

MS-Windows

実行すればインストーラが起動します。

Java

RPMをインストールまたは、JARを直接実行してください。

Java版クライアントでFreedesktop.org形式のメニュー(Linux serverのみ)を展開する場合は、 metavnc-menusを$HOME/.config以下、または$XDG_CONFIG_HOME以下に展開してください。

ソースからのコンパイル

MS-Windows

Visual Studio .NET 2003以降でビルド確認済みです。

サーバはwinvnc/winvnc.sln、ビューアはvncviewer/vncviewer.slnです。

Java

ソースを展開して、makeすればjarが出来ます。

Freedesktop.org形式のメニュー(Linux serverのみ)を展開する場合は、 metavnc-menusを$HOME/.config以下、または$XDG_CONFIG_HOME以下に展開してください。

Unix系

version 0.6.5以降、ポータビリティが向上しました。

Ubuntu7.10, FreeBSD6.2, Solaris10などでコンパイルできることが確認済み。

X.org xserver 1.4以降の場合

X.org xserver 1.4以降(Fedora 9, 10, Ubuntu 8.04, 8.10等)ではvnc.soが動作しません。(Xvncは使えます。) X.org xserver 1.4以降の対応を参照ください。

コンパイル

  1. ソースを展開
    % tar xvfj metavnc-unix-<version>-src.tar.bz2
  2. metavnc-unix-<version>ディレクトリへ移動
    % cd metavnc-unix-<version>
  3. X11R6ソースを入手して展開 (上記tarには含まれていません)
    % tar xvfz X11R6.9.0-src1.tar.gz
    % tar xvfz X11R6.9.0-src2.tar.gz
    % tar xvfz X11R6.9.0-src3.tar.gz
  4. xc.xorg6.9.0-metavnc.patchを当てる
    % patch -p1 < xc.xorg6.9.0-metavnc.patch
  5. サーバ以外のファイルを生成
    % xmkmf
    % make World
    注意: 少なくともlibwnck, boostが必要です。
  6. サーバのビルド
    % cd xc
    % make World
    Xvncはprograms/Xserverに出来ます。
    vnc.soはexports/lib/modulesに出来ます。

Ubuntu 7.10での例)

  1. 以下をインストール
    % apt-get install ssh patch
    % apt-get install libc-dev libx11-dev libxt-dev libxmu-dev libxaw7-dev zlib1g-dev libjpeg-dev g++ libboost-dev libwnck-dev flex bison
    % apt-get install xfs
  2. 上記手順に従いコンパイル/インストール

インストール

  1. vnc.so以外のインストール
    vncinstallコマンドを使います。
    % vncinstall <binary path> <man path>
    例えば
    % vncinstall /usr/local/bin /usr/local/man
    マニュアルはまだ整備できていないのでエラーになりますが気にしないでください。
  2. vnc.soのインストール
    X11R6では以下の場所にコピーします。
    % cp xc/exports/lib/modules/vnc.so /usr/X11R6/lib/modules
    X11R7では以下の場所にコピーします。
    % cp xc/exports/lib/modules/vnc.so /usr/lib/xorg/modules

  3. メニューとアイコンのインストール
    GNOME/KDEでメニューからビューアを起動できるようにするには、install-menuコマンドを使います。
    % install-menu <xdg_data_dir>
    例えば
    % install-menu /usr/local/share

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-01-05 (月) 00:18:44 (3264d)